栗の保存食の決定版!!

栗の渋皮煮(ブランデー風味)



おいしくつくるポイントは、新鮮な栗を使うこと
渋皮を傷つけずに鬼皮をむく(これが上手くいけば、ほとんど出来たも同じ)こと、
アク抜きのために何度か水をかえてゆでこぼすことです。
そう簡単にはできないけど、出来上がった味はむき栗の料理とは比べられないおいしさ!!
毛むくじゃらの堅い渋皮がとろけるようにやわらかくなるのです。

材料

(新鮮なもの)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1kg
重曹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
砂糖(ザラメとか赤砂糖を使うとより美味しいよ)・・ 500g(お好みで加減してね)
ブランデー適量(赤ワインでも美味)

@栗1kgは鬼皮をむき、たっぷりの水に一晩つけておく。このときアク抜きのために
 重曹小さじ1をいれる。

Aそのまま火にかけ、煮立ったら弱火で約10分ゆでてから水にとる。

BAにもう一度たっぷりの水と重曹小さじ1を加え、中火でゆっくりゆでる。
 さらに2〜3回ゆでこぼしながら、栗がやわらかくなるまで2時間くらいゆで続ける。
 最後にもう一度水を取り替え、渋皮の筋を手できれいに取り除いて、ザルにのせて水をきる。

C鍋に砂糖500g、水2カップ、栗を入れ、弱火で30分ほど煮る。

D栗を取り出し、煮汁を半量から1/3位まで煮詰めたらブランデーを適量加える。
 栗を戻しいれて味をふくませる。

E煮沸消毒したビンに栗をシロップごと詰めて冷蔵庫で保存する。

                      
 *渋皮の中に旬の栗のおいしさを封じ込めた渋皮煮は、コーヒー、紅茶にとっても
  あいます。是非ためしてみてね。(去年は全然作れなくてさみしい思いをしました。
  今年はたくさん作ろうと思ってます。)
 *煮汁ごと冷凍保存すれば、一年間位保存可能(私が試した期間)です。
  解凍する際は室温でしばらく放置し、煮汁ごともう一度過熱してください。
  つくりたてに戻ります。

今年、収穫したら渋皮煮つくって、画像載せますね!

栗、梨を使ったレシピご存知の方教えてください。
このページで紹介させてください!