2月の出来事
2001: 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008 1月 2月 3月 4月


トップに戻る  メールはこちらから
(ご意見ご感想お問合せ、などなどいただけると、とってもうれしいです)


画像をクリックすると大きな画像があるのもあります

5月31日 雨の日なので
雨模様なので、お仏壇のお磨きをしました。

来月、曽祖父の五十回忌があるので、そろそろ準備しないと・・・・

今まではクリームみたいなクレンザーで磨いていたんだけど、今はとってもいいものがあるようで(^^)
漬けるだけで、綺麗になるんです。
それのおかげで、一時間くらいでとっても綺麗になりました!(^^)!

時間も短縮できて、綺麗になるってすごい!!

5月30日 (T_T)
梨畑の幸水に黒星病が出始めた(T_T)
ショック・・・・

殺菌剤の防除を入れました。
効いてくれるといいけどなぁぁぁ


5月29日 やっぱり・・・・(-_-;)
筋肉痛だ(-_-;)
腕と背中と・・・・太ももと

でも翌日痛くなったということは、まだまだ若い!?
・・・・こんな言うこと事態が年かぁぁぁ




5月28日 


届いたばかりの新しい刈払機は
刃がついていない。
説明書を読んで自分でつけてみた。

エンジンのかけ方も何度も読んでかけてみた

かかった!!(当たり前か・・・(^^ゞ)
乗用草刈機が入らない支柱の周りを刈払機で草刈りです。
(除草剤は使わないと農業を始めた時に決めたので、草刈りをします。)

以前使っていた刈払機が壊れた?(オイルが漏れる)から、
買い換えたおニューなのでちょっとうれしいかな。
ちょっとというのは、私はあまりこの機械が上手に使えないので、とっても緊張するから。
(乗用草刈機に乗るのは大好きなんだけど)

丸い刃が回転して草を刈り倒していくんだけど、
毎回思うのはもっと草の背丈が短いうちに刈っておけばよかったなってこと。
ヨモギなんかぶっとくなって、ヒザより高くなっていて・・・・・(ーー;)

今日はいつもしない所までがんばっちゃった(^^)
新しい機械だから、エンジンもすぐにかかるし、切れ味も抜群。
仕事の成果も目に見えてわかるから、楽しくなってきたぞ。


次はもっと草が可愛いうちにやろう!・・・・・と毎回思う。(^^ゞ

明日は腕から肩から筋肉痛だ。(T_T)
ブドウも開花まじか??

ブドウの花が咲くととってもいい香りがするらしい。
どんなんかしらと想像をめぐらしてもわからない。
わからないものは自分でやってみるしかないよね。

その香りを体験したくて、ブドウを植えたと言ってもいいかも。

楽しみ!(^^)!
ブドウハウスが薪の乾燥場に・・・・


お父さんは着々と薪ストーブの準備を進めている。
このところとっても早起きして、せっせと薪を作っているみたい。



5月27日 
時期はずれの幸水の花が咲いています。
あんまり咲いてほしくないんだけど・・・・(ーー;)緑の葉っぱの花に咲いてる花はとってもかわいいのです。
でも、見つけたら容赦なく取り除きます・・・。


午前中、ジャンボ梨の一次摘果が終わり、
午後から幸水の2次摘果に入りました。
24日夕刻から27日夕刻までページが見れなくなっていました。
ご迷惑をおかけし、ご心配いただきまして、本当に申し訳ありませんでした。


ホスティングをお願いしているサーバーの不具合があったためなのですが、

サーバー管理者の方から
『今後、原因の究明および復旧体制の検証を行い、再発防止に努めてまいります。』

とのメールをいただきましたので、今後は大丈夫でしょう。

それにしても、ページが表示されない3日間、
パソコンを立ち上げて、今か今かと待ってる間はとても長く感じました。
(畑に出てる間は摘果作業に集中しているので、時間のたつのは早いんですけどね(^^)




5月21日 やったァァァ!!(^^)!
豊水の予備摘果が終わりました。
まだ新興もジャンボは残ってるし、すぐ2次摘果に入るんだけど、
とりあえずやったぁ!って感じです。

草も伸び放題になっていたので、午後からは草刈りをして、ブドウも見に行って・・・・・
ブドウはまだ蕾でした。


5月19日 台風の影響?
朝からものすごい南風が・・・・(T_T)

なぜか、いつもこの時期に強い風が吹くのだけど・・・・・
やっぱり今年も(T_T)(T_T)(T_T)

この時期、新梢がまだ硬化していなくて、根元からポキンと折れてしまうのです。
どうか折れないでと祈りつつ摘果をしていました。
一日中吹き止まず・・・・
栗畑の横の畑に積み上げられた薪です。

今年剪定した栗の枝。
こんな山が3つほど。



5月18日 午後は摘果をお休みして・・・
今日は午後から金沢まで薪ストーブを見に行ってきました。
wood peckerさんという専門店です。

毎年栗や梨の剪定をすると薪にするのに丁度いい具合の樹がかなり出ます。
今まではそれを全部燃やしたり、消し炭にしたりしていました。


かなり前、私がおとうさんに『薪ストーブを置こうよ』と言った時は
全然興味を示さなかったのに・・・
それどころか、『誰が火をつけるんや、誰が煙突の掃除をするんや(ーー;)』とけんもほろろだったのに・・・・・
今年になって薪ストーブと言い出したのはおとうさん。

そのおとうさん、
本を買い、毎晩ネットで調べ、このwood peckerさんにたどり着きました。


丁寧な説明ありがとうございました。

ストーブに人格があるように話されるお店の人のお話はとても面白く、
本当にストーブが好きなんだなぁ・・・・と伝わってくるのです。

薪ストーブは焚く人によっていろんな流儀があるそうで、使い込むうちにその家の一員になっていくんでしょうね。


お店の看板娘さんは上の画像の赤いストーブだそうです。

我が家にはどんな子がやってくることになるんだろう・・・・(^^)



5月15日
NHK福井さんが摘果の取材に来られました。

摘果をやってる時はまったく緊張はしないんだけど、
顔を覆っているバンダナを取って話しをするのは、
緊張しまくりで何度撮りなおしてもらったか・・・・(^^ゞ
時間がかかってすみませんでした。

(摘果の作業をわかりやすく説明するのはとっても難しいと思うのは私だけかな・・・)

今日は雲ひとつ無い青空だし、波の音も聞こえるし、とってもきもちいい!(^^)!



ヒメジョンかな・・・薄いピンクのかわいい花が梨畑のふちに咲いています。
新梢がぐんぐん伸びています。
(とっても見にくい画像でごめんなさい)

今日みたいなお天気だと、二日半で葉っぱが一枚でてきます。


5月13日
一昨日から豊水の摘果に入りました。


今晩から雨の予報なので、午前中は梨畑の防除をしました。
5月2回目です。

花野米レディース10年史が出来上がりました。
メンバーの想いがギュッと詰まった一冊になりました。

役員さん、おつかれさまでした。

5冊もいただきました。
一冊は自分用として・・・・あと4冊、誰かいりませんか?


5月12日
庭のハマナスです。

大阪の伯母が今月初めから来てくれてて、庭の草むしりをしてくれています。
とっても綺麗になりました。
おばちゃん、ほんとにありがとう。
ハマナスってとってもいい香り

バラのような・・・・ってバラ科だからね。
トゲはバラよりもすごいけど。


5月11日
毎日通う梨畑への道

その道のわきの畑に今年はカボチャが植えられた。

植えたのは、『やさい屋つっちゃん』の土屋さん



5月7日
ひたすら摘果の日々です。

集中力が切れると、すぐに休憩する事にしています。



先月の終わりからほとんど雨が降っていないので、潅水も始めました。
白い線は水を潅水する為の管です。
40アールの梨畑の半分を潅水することが出来ます。
半分終わると、この管を移動してもう半分を潅水します。
今は新興(しんこう)の樹の下が一番涼しい

どうしてかというと、この時期は新興が葉っぱが一番出ていて日陰が多いから(^^)




5月5日
農家にとって農作業で忙しいゴールデンウィーク。

それでも、子供たちは何かゴールデンウィークらしい事?をしたいと去年からバーベキューをすることになったのですが・・・・
昼過ぎから怪しい雲行き(-_-;)

庭に用意を始めたのですが、とっても怪しい雲行き。
で、急きょ、家の中でバーベキューすることに。

4時半ごろにはものすごい降りになってきた。

そこで、日の目を見たのが、一昨年能登半島で買ってきた珪藻土の七輪。

なんだかとっても美味しく焼けるような気がするぞぉぉぉ

秋にはこれで秋刀魚を焼くのだ!(^^)!


5月4日
隣村、波松(なみまつ)で採れた小女子、
塩炒りして香ばしく、初夏の味です。

地引網で採った後、浜ですぐに塩茹でされます。



私は酢で食べるのが大好き。
貴重な小女子、ありがとうございました。


〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180 e-mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2008 Asakuraya. All rights reserved.