2月の出来事
2001: 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月


トップに戻る  メールはこちらから
(ご意見ご感想お問合せ、などなどいただけると、とってもうれしいです)


画像をクリックすると大きな画像があるのもあります

10月31日
あわらーとのtempoにて

消しゴムはんこ作りの講座がありました。
消しゴムでハンコを作るって話を聞いてから、私は興味シンシン

秋の夜長、
何十年ぶりかで彫刻等を握り、無心でハンコを作る過程は想像していたものよりも面白く、時間のたつのを忘れ没頭しました。

参加したメンバーも無口になり、もくもくと作り続け、同じ型でぶどうを作ったのにそれぞれの個性がでて、なんとも面白いのです。

最後は自分の落款を作り、講座は終了。

私の落款は・・・へへへ(*^_^*)雪だるま。

これはまた後日お披露目しますわ(^^)v可愛いのだ!
でも、雪だるまはほとんど先生に仕上げていただきましたの・・・・^_^;
お近くにお住まいの皆様にお知らせです。
11月10日、あわらーとtempoにて和紙あかり・消しゴムハンコなどなど創る!・愉しむ!・遊ぶ!シリーズ第2弾が開催されます。あーとな秋を楽しみませんか?


10月30日
更新が滞っていて、気がつくと10月も明日で終わり・・・・・\(◎o◎)/!

毎日何をしていたかというと・・・ちゃんとお仕事してました。
(途中、ぎっくり腰にもなったけど・・・(-_-;)

昨日で、幸水の枝抜きが終わり、豊水の枝抜きまではまだ早いので、
今日は栗畑の草刈です。
午前中は、ブルーベリー畑と家の横の畑も草刈りしたんだよん。

今日は一日中、『うさぎ』に乗ってました。

栗畑の草刈が終わった頃には身体が凍えてたよ。
身体動かさないと、この時期は寒いのだ((+_+))

10月28日
ジャンボ梨です。

袋がパンパンになって、破けてるのもあります。
いい具合に大きくなってくれました。

収穫まで後20日間ほど、もっともっと大きくなってね\(~o~)/


10月18日
来年の梨作りの為に

我が家の梨畑で枝抜きの講習会が開かれました。

枝抜きとは、本剪定前のこの時期に古い枝だけを先に落とす事です。この時期に枝を落とすと春の芽の出発が早くなり、いい新梢が発生します。
でも、あまり枝を落としすぎるのはダメなので、絶対に落とさなければいけない枝だけを抜いていきます。
どうして、たくさんの枝を落とすとダメなのか・・・・
この時期はまだ葉っぱがあり、今この葉っぱで貯蔵養分を蓄えているからです。


10月13日
今日は閉園した我が家の栗畑での『スロー・ド・ライフ』休日を栗林で愉しむイベントがありました。

我が家もお父さんを初め娘たちも参加して、秋の休日を楽しみました。いつもはお客様のバーベキューをうらやましく見ているのですが、
今日はみんなと一緒に楽しみました。
今日のメニューをスタッフの方が説明してくれています。
盛りだくさんのメニューで、参加してみんなで作り上げていく、という感じがとってもよかったです。

栗拾いを楽しんだ後、今度は焼き芋を焼くためのイガをみんなで集めます。
大勢の力はやっぱりすごいですね。
あっという間にトラック2杯のイガが集まりました。

イガ焼き芋はちょっと芋を入れるのが早くて、こげたのもあったけど、
子供たちは大喜び。(*^_^*)
栗の絵コンテスト
みんながいいと思った作品に投票します。

最優秀賞に選ばれた人には豪華な賞品があったようですよ(^^)v


10月11日
あっという間に10月に(#^.^#)
久々の更新になってしまいました。

今日はすでに20日なのですが、思い出しながら書いていきます。

8日に栗園が終了して、そろそろ梨モードにもどらなければ・・・・
10日、11日と梨畑に基肥えを入れました。

一袋20キロの肥料や土壌改良剤を全部で70袋を散布しました。
基肥えの肥料は有機100パーセントの肥料です。
これの臭いがまたなんというか・・・・・



〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180 e-mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2007 Asakuraya. All rights reserved.