7月のできごと

017月 8月 9月 10月 11月 12月 021月 2月 3月 4月 5月 6月
                                       
                                       今月の花
お気軽にメールくださいませ。 キキョウアガパンサス

7月31日
もうすぐ愛梨の実の収穫がはじまります。
去年から福井県内の発送でお世話になってる、地元芦原の赤帽さんのトラックです。
なあんと、後ろの扉にウチの名前とアドレスを書いてくれてるのです。

このトラックを見かけた友人から電話がかかってきます。
「みたざぁ!!」って。

7月30日
25日の夕立からきょうで5日目。
週間天気予報を見ても、雨のマークは無し。

朝の涼しいうちに草刈を終えて、夕方潅水です。
潅水の時間は畑の土によって違います。
我が家の場合、2時間。

自分の畑の土の具合を知る事から農業は始まるんだと、やっとわかってきた
農業7年目の私です。

今日は草刈デー。

梨畑のあとは、ブルーベリー畑に移動して草刈でした。
ブルーベリー畑で、「右に曲がらーーーーん!!」で、前輪が溝にはまってしまいました。
何とか引っ張りあげ、農機具やさんに電話をして右の角(ハンドル代わり)を直してもらいました。
この子(草刈機)にへそ曲げられると大変です。

我が家に無くてはならないもの、それは屋根なしトラック、それと乗用草刈機。

7月28日
今日は昨日までに比べたら、ちょっと涼しかったですね。

午前中、子供たちと一緒にブルーベリー畑へ
その様子はこちらから覗いてみてね

おとーさんは村の社会奉仕で草刈でした。
午後、村の公園に遊びに行ったカナが走ってきました。
「おかーさん!公園の桜にカブトムシがいるで写真撮って!」

そうなんです。カナの今年の自由研究はカブトムシ・・・
           (ちなみに去年は蚊でした・・・・)
カナがどんな事を調べてるのかはわかりませんが、
スイカの皮以外でカブトムシを見たのは、子供の頃以来かも。


7月27日
今日も暑いです。連日33度以上はあるとおもいます。
この辺は海に近いので、10時をすぎると「あいの風」がふきます。
北風のことです。
都会の方からみればここはきっと涼しいのだと思います。・・・・でも暑いです。
でも、干ばつに不作なしといいますから、ありがたいと思わなければいけませんね。
天気が悪かったら、梨も栗も美味しくなりません。

子供たちは毎日、涼しい図書館へいってます。
といっても、遠いので私が車で送り迎え・・・・。
私の車は冷房が効かない軽ワゴン・・・・

7月26日
今日午後、高知県馬路村の東谷望史さんの公開講演があったので、
聴きにいきました。
馬路村は柚子の村だそうです。

お話は「村丸ごと売る」というコンセプトで成功した事、
物産展を足がかりに産直への道を10年以上をかけ、開いてこられた事、
こつこつ地道に続けてきた事が今である。ということ。


最前列で夢中になって聴いていた私たちに、東谷さんがこの本を下さいました。

ありがとうございました。

安心・健康・美容がキーワードなのかな・・・

7月25日
夕方、我が家の生ごみ(すみません)を棄てる場所にスイカの皮を
棄てに行ったカナが大声で呼びにきました。
「おかあさん!カブトムシ!今日も来てるよ!!」

そうなんです。スイカの皮を棄てるようになってから早朝、夕方と
カブトムシがやってきます。
今日も雄が3匹、雌が2匹スイカを食べに来てました。

カナは毎朝、何匹来てるか見に行ってます。
今年の自由研究はカブトムシにするそうです。

夕方、雷がなりだし、ものすごい夕立でした。


7月24日
今日は一日涼しい部屋の中です。(ありがたい事です)
坂井普及センターで、行われた産直ホームページ作成講習会坂井地区
(ふくいアグリネットの池上さんが詳しいページを作ってくださってますので、興味のある方はどうぞ

になあんと、この私が講師役だったのです。

普及センターの方のおかげで無事終わりました。

ありがとうございました!

長谷川さん(米農家)、頑張ってね!!
白い服で緊張してる私


7月23日 北陸地方梅雨明けです。
梨畑にいっしょに行くタマです。
私より、先に車に乗り込み寝て待ってます。

梨畑では、桃の樹(3本植わってる)の下で、私の仕事が終わるまで寝てます。
ムクドリが来てるんだから、追い払って欲しいのに、知らん顔でひたすら寝てます。
お昼、「タマァ〜!!」と呼ぶと、車に乗り込みます。

うちではコタマが独り、待ってます。

今日、待ちに待った梅雨明けしたと見られるとの発表がありました。

で、午後はこの間塩漬けした梅を籠に並べました。
今年は2種類、白梅と赤梅のめでたい紅白梅です。
これから3日間干します。

おとうさんの弁当、いつも日の丸です。



梅の香りがおいしそーな白梅
体にとってもいい紫蘇がたっぷり
の赤梅
太陽をあびてこれから真っ赤に
色づきます


7月21日
・・・・豊水の軸折れです・・・・
上向きの果実は大きくなると軸が耐え切れなくなり、折れてしまいます。
豊水は軸が弱いのです。

今日は豊水の軸折れを取ってます。
上の画像のように、下に落ちちゃうのもあるのですが、こうやって、皮一枚で
付いてるのもあります。
こうなると実はおおきくなりません。
こんな実を捜して、取っちゃいます。


   (でも、来年は軸折れがないように、摘果の時に横向きを残すぞ〜!!)



7月20日 今日から夏休み
今日は防蛾灯の取り付けです。
防蛾灯。読んで字のとうり、蛾を防いでくれます。
これから、だんだん糖度がましてくると、山から大きな蛾がやってきます。
もちろん、梨の甘い汁を吸いにです・・・。
蛾にさされると、半日後には刺された部分から黒く変色して、もうダメです。
これからの時期はこの蛾に気をつけないといけません。
でも、この電灯を点けても、我が家の梨畑は山際なので完全に防ぎきれません。

その被害にあった梨はどうするのか?
軽度のものなら直接買いにきてくださったお客様に差しあげてます。実はこの蛾が刺した梨、美味しいのです。(蛾が刺した部分だけ取れば大丈夫)
蛾は大きくて、美味しい梨しか刺しません・・・・。

にっくきやつなのです・・・。
この後、もうひと仕事・・・
こちらからどうぞ


7月19日
今日、ワラひろげが終わりました!!うれしぃ〜!
もうこれで、いつ梅雨明けしてもいいよ!!

・・・あと、2・3日雨マークがでてたのぉ・・・・。

ワラひろげが終わったので、こんな画像とってみました。
よかったらみてくださいね。
梨畑から帰ってきて、ブラックベリーを摘み、ブラックベリー酒に!
ブランデー入り焼酎を使うと、風味も抜群の果実酒が出来上がります。これはあと何ヶ月かな・・・


7月17日
朝、普及センターの坪田主任から電話が入りました。
「アラレ降らんかったか?」
「・・・・アラレ・・・ですか!?」
そうなんです。早朝4時ごろ、ものすごい雷と豪雨だったんです。
電話の後、慌てて、梨畑へ直行しました。

普及センターの方たちも来てくれて、被害がないか、見ました。
よかった・・・。アラレはこの辺りは降らなかったみたいです。
被害無しでした!

ホッ・・・、さあ今日からワラひろげ、しるざぁ〜!!

梅雨明け後の照りつける真夏の太陽は、ガンガン地面を乾燥させ、
   梨の根っこをいじめます。ワラはその太陽から根を守ってくれます。
そして、冬までに分解していい堆肥になります。

                  この間、棚を引っ張った紐をほどいて・・・・
←ひろげます。


ワラが温かい・・・→
湯気も出てます
(みえませんが・・・)
普及センターの面谷さんも
手伝ってくれました。
ありがとうございます。


7月16日
7/16、朝、撮影の幸水です。 台風7号はほぼ6号とおなじような進路をたどり、
この辺りには風はふきませんでした。
ホッとしてます。

明け方まで降ってた雨が止んで、今日は日差しも見えます。
ほんとに大きくなったんです。幸水坊やたち・・・・。
よかったね。

これから、もっともっと大きく甘くなるよ〜!!
今日、午後から下の子供が通ってる波松小学校で救急手当の基礎知識という
講座があり、参加してきました。詳しく見たい方はこちらからどうぞ。

この辺りは、海がすぐそばにあり、子供たちがもし溺れたりした時に知識がないと
自分の子供でさえ助けられません。
そんな気持で真剣に聴きました。

その後、りっぱな1学期の通知簿を頂いたのですが・・・・
・・・まぁ、この話はやめときましょう・・・・。アウトドア派のカナは元気が一番です!!


7月15日
台風はまだ影響はありません。
明日から影響がでてくるでしょうか・・・・

今日はこの間漬けた梅に入れる紫蘇をもみに普及センターへ行って来ました。
やっぱり、みんなでする仕事は楽しいです。
今回もやっぱり、手より口の方が動いてた私ですが・・・・。

紫蘇入りと紫蘇無しの2種類を今年は作りました。
梅雨が明け、晴天が続いたら、梅干しです。


7月14日
今日の福井県地方は台風8号の影響でかなり強い南西の風が吹いてます。
おまけに台風7号が今、沖縄に・・・・・

予想進路は日本縦断!
まちがいなくここも暴風圏内にはいります。

きのう、大活躍のおとうさん!今日も、も〜うひと頑張りしてもらわんと!
台風対策です。ここから覗いてください。
(無駄かもわからんけど、やらんといて後悔はしたくない。)




7月13日
今年もこの時期がやってきました。
我が家の秘密兵器出動です。
(去年のページです)
わら運びはおとうさんが大活躍なのです!
「さあ、急がんと!雨降ってくるザァ〜!!」
掛け声はバッチリの私!!?
この写真を撮ったすぐ後、ゴロゴロ!!雷がなり、大雨に(福井県嶺北地方に雷大雨注意報が出てたのでした)。

パンツまでビショビショにぬれながら、運んだのでした。
それにしても、今日の雨はすごかったです。
おまけ
ワラの中に住んでました。

住み心地、よかったんかな・・・。
でも、ゴメン。ワラは梨畑に運んでもた・・・
いっしょに梨畑に来る?


7月11日
雨はかなり降りましたが、風もなく台風6号は通り過ぎました。
太平洋側の被害をみると、なんと言っていいのか・・・・

今回は何事もなく、ほっとしてます。
でも、今年は台風が多そうなので、油断大敵です。
今日、朝一番の画像です。
昨晩の雨のしずくがまだ、残ってます。

あと一ヶ月、大事に見守りたいと思います。
梨畑を一回りした後、田んぼも一回り。

田んぼの山際で萩の花を発見。
確か、萩って秋の花じゃなかったかしら・・・・


7月9日
台風6号が近づいてます。
明日か、あさってか・・・・。
この時期にこんな大きな台風が来るなんて・・・・

風がこの梨棚を持ち上げ、その持ち上げられた棚がもとに戻る時の衝撃で
梨が落ちます。
たから、棚が持ち上がらないように、重みをつけるのですが、こんなタイヤでは全然
効き目が無いのです。私が一番わかってます。
でも、やらなきゃ、気がすまないのです。
少しでも、ほんの少しでも効いてくれたらという気休めみたいなもんなんですが・・・・

隣の間伐した樹の幹のほうが、効き目がありそうです。
地面の下にまだ、しっかり根が張ってますから、ちょっとやそっとじゃ抜けません。


7月8日
イガ、大きくなったよ! 栗の実坊やたちの様子を見に栗畑に行ってみました。
この間は、1センチぐらいのちいちゃな赤ちゃんだったのに、
もう3・4センチぐらいに大きくなってて、ビックリ!!

イガのトゲトゲはまだ全然痛くないですよ!
さわると、やらかくって気持いいんです。
アッ!そうそう。
ノギスはやっぱり見つかりませんでした。
無いと困るものなので、新しいノギス買いました。

栗も計ってみました。

愛梨の実も測ってます。ここから覗いてみてね。


7月7日
昨日から風が強いです。しかも暑い・・・・
台風5号の影響でしょうか・・・

風が強くて、愛梨の実が枝とか針金にあたって、打撲の被害が・・・・
ガムテープでクッションつくってます。

梅雨も何処へ行ったって感じのお天気です。
と思ったら、やっぱり。ねむの木の花が咲いてました。
この花が咲いたら、梅雨が明けたんだよって誰かか教えてくれた記憶があります。
ねむの木が咲くと梅雨があけたんだよね!
7月6日
カメムシの吸った跡 輪切りです。
昨日、梨畑でカメムシを発見!
カメムシは平成8年大発生しました。
その時はカメムシの防除が遅れて、被害が拡大。収穫する梨のほとんどが右の画像のような凹みがありました。
泣くに泣けない状況でした。
中を切ると、カメムシが吸ったあとはスカスカのスポンジ状になります。全く美味しくありません。

あの時の悪夢が・・・・
すぐに防除しました。
今日、被害のあった梨をいくつか見つけましたが、早く対処できてよかったです。
ホット、ひと安心。
でも、毎日の畑の見周りは欠かせません。

7月4日
7/4の梨畑 ショック・・・・・梨畑でノギスを落としてしまいました。
しばらく捜したのですが、この草ではわかりませんでした。

エッ?ノギスって何って?
ノギスは梨の大きさ(直径)を計る物差しです。ノギスで大きさを測ります
                        これが無いとちょっと、不便・・・・
                        みなさんに大きさをお知らせ出来ません・・・・。
                        明日、草刈してもう一回捜します。

7月3日
暑い一日でした。
今日はブルーベリーを植える穴掘りです。
いつも使わない筋肉をめーいっぱい使ってクワで掘ります。

しかし、暑かった・・・・・。
マイ,クワです。

7月1日 梅雨本番
ご近所でもある花野米レディースの先輩から、クロウリを頂きました。
これは漬物にすると、とっても美味しいのです。

「ヒョウタンか?」と子供たち。
「違うちがう!!お漬物にするんやよ」

半分に割って、中の種をとって、ザクザク切って塩で漬けるだけです。
明日の朝ごはんには出来上がりです!


お問合せ先  〒910-4276 福井県坂井郡芦原町城3-33 朝倉や 雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180
 E−mail arinomi@asakuraya.com
-Copyright(c) 2002 Asakuraya. All rights reserved-