トップページ秋の栗畑>ひとりの栗畑
春の栗畑
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●

平日、3時をすぎると栗畑は私ひとり・・・・

熟した栗のイガが落ちる音、
風が栗の葉っぱを揺らす音、
鳥のさえずり、
遠くの畑から聞こえるトラクタの音・・・・

それらを聞きながら、栗の木陰で箱詰めの作業を進めます。


お休みの日と違って、平日はお客様も少なく、ゆったりと時間が流れます。
バケツと火バサミ

『大きなバケツは山盛りで4キロ、小さいバケツは山盛りで3キロ入ります』
お客様に説明する時の言葉。
お客様の対応をしながら、
お父さんと娘が朝ごはん前に拾った栗を選別し、一つひとつ磨いて箱詰めをします。
夕方の集荷までの時間一杯をつかって箱詰めします。

昨日、今日と秋風がさわやかで、栗の木陰はとても気持ちよくて、
『遊びにおいでよ』と電話したくなります。
日差しが斜めに差し込むようになる頃
帰り支度です。

明日はどんな出会いがあるでしょう・・・。


〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180
e-mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2008 Asakuraya. All rights reserved.