No.17           2003/09
〒910-4276 福井県坂井郡芦原町城3-33    朝倉梨栗園  朝倉 雪
                              福井県認定エコファーマー
   TEL:0776-79-1930 FAX:0776-79-1180 
   URL:
http://www.asakuraya.com/ e-mail:arinomi@asakuraya.com


 この梨は豊水(ほうすい)といいます。
この梨は幸水に比べると日持ちはいいです。
涼しい、早朝に収穫して、その日の夕方には我が家を出発して、
翌日お客様の所に嫁ぐわけですが、
お手元に到着しましたら、すぐに涼しい所に置いてください。
冷蔵庫に入れるときにはポリ袋にいれますと、果実の水分が蒸発せずに美味しくいただけます。よろしくお願いしますm(__)m
7日間ぐらいで食べきっていただけるとうれしいです。
4月10日の豊水の蕾です。
蕾の先がほんのりピンクに染まったこの頃が私は一番好きです。
この時に要らない蕾を手で取り除きます。この作業は摘蕾といいます。
この摘蕾をやっておくと、その後の摘果の作業が非常に楽になります。

4月15日くらいから開花が始まりましたが、今年は花が咲いてる期間の天気が悪く、受粉に苦労しました。
今年はちょっと形の悪い愛梨の実もいるのですが、受粉が悪かった為です。来年はもっと受粉の技術をあげなくてはと思ってます。
5月7日の豊水坊やです。(だいたい8個ついてるのですが、摘果で一つに)
花が咲いて約1か月で梨の赤ちゃんに変身します。
この子はどんな子の育つのか、我が子を育てる心境です。           
病気にならないか、風で怪我をしないか・・・などなど。

今年、福井県地方は観測史上最低の日照時間でした。
それと、雨が多かった為に起こる「水梨」という現象がでております。
お客様の箱にその梨が入らないように細心の注意をしております。
 毎年、もうすぐ梅雨が明けるぞぉという前に梨畑にワラを運びます。
運んだワラは梅雨明けまでに畑に広げます。
今年は梅雨明けはするのだろうかとやきもきしてましたが7月終わりごろに明けました。
梅雨明け後は強烈な日差しで畑は急激に乾燥します。
酸素を求めて土の上のほうに上がってきた根っこがやられないように
ワラでその強烈な日差しを防ぎます。
その後、ワラは腐って土に戻ります。この土がミミズがたくさんいるいい土になるんです。

我が家の秘密兵器、おとうさんと屋根無しトラック、今年も大活躍です。
 お客様の所に届いた時が一番いい状態になるように心がけています。
再生紙の梨パック(梨をささえる緑のもの)は梨が呼吸する時吐き出した水分を受け止め、瑞々しい状態を保ってくれます。緩衝材は小麦のふすまから作ってあります。遠赤外線を放出するので、鮮度保持の効果があります
包装資材も環境にやさしいものを使っていきたいと思っています。

今年も丹精込めて育てましたが、今年のような天気は私が農業を始めてから初めてです。
この経験を来年に生かしてまたがんばりたいと思います。
お届けした愛梨の実のご感想などお聞かせいただけると、うれしいです。
尚、丹精込めて育ててお届けしてますが、何かございましたらご連絡いただければ幸いです。 
                                                                
トップに戻る
〒910-4276   福井県坂井郡芦原町城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180 e-mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2003 Asakuraya. All rights reserved.