トップありのみ通信メニュー<NO。68

  No.64       2018/08
 
この梨は幸水(こうすい)といいます。
幸水は日持ちがあまりよくありません
有機肥料だけで育てて8年目の愛梨の実(ありのみ)です

涼しい早朝に収穫して、その日の夕方には我が家を出発して、翌日にお客様の所に到着します。
 お手元に到着しましたら、
すぐに涼しい所(今の時期なら冷蔵庫の野菜室)にお入れください。

冷蔵庫に入れるときには新聞紙につつみ、ポリ袋にいれますと、果実の水分が蒸発せずに美味しくいただけます。
5日ぐらいで食べきっていただけるとうれしいです。
<m(__)m> 
梨の上に置いてあるクッション剤は小麦フスマで作られています。
品質保持の遠赤外線が練り込まれていますので、冷蔵庫の野菜室などにひいたりしてご利用ください。

車だと2分ほどの距離が歩くと30分以上
リュックの中は暖かいお茶と冷たい水。
おやつのバナナ!(^^)!と大事な仕事道具
 今年2月の大雪、このリュックを背負い歩いて梨畑に通いました。歩くと暑くなって汗を掻き、しばらくするとそれが冷えて寒くなるので冷たい水と温かいお茶は必須です。

 梨畑に到着するまでに疲れてしまうので、雪が少し溶け出してからは、トラクタに乗って毎日通いました。トラクタはタイヤが大きくて雪が深くても全然平気です。

 今年は大雪に始まり、梅雨明け後の猛暑と厳しい天候の年になりました

7月9日の梅雨明け以降、この辺りはほとんど雨が降っていません。
そのため、梨畑も栗畑も潅水をしています。梨畑は一週間の間隔で
潅水をします。
潅水はしていますが、天からの雨に勝るものはなく、今年の愛梨の実は小さめです。
 写真は早朝の梨畑です。
夕方6時ごろから朝5時半までは防蛾灯が点灯しているのですが、その光がスプリンクラーから出る水に反射して、オレンジ色に輝きとてもきれいです。


それに加えて、この辺りは4月7日8日にアラレが降り、ちょうど蕾の梨の花にアラレは容赦なく当たりました。
蕾の花びらの付け根の部分には梨の実の赤ちゃんがすでにあります。
この小さな柔らかい赤ちゃんに、たくさんの傷がつき、大きくなるにしたがってその傷跡はおおきく凹んだり、皮にやけどの跡のようなものが残ったりしました。
酷いものは摘果の時に取り除きましたが、軽い症状のものはしかたなく残しました。
今年の箱詰めの愛梨の実たちにもえくぼちゃんや形の悪い子がいます。味は変わりませんのでご理解いただけるとうれしいです。
   お気づきの点がありましたら、ご一報いただければ幸いです。
ありがとうございました。
        

     〒910-4276 福井県あわら市城3-33 朝倉梨栗園 朝倉 雪
       
 (福井県指導農業士・あわら市認定農業者)
               TEL:0776-79-1930 FAX:0776-79-1180 
               URL:
http://www.asakuraya.com/
               e-mail:
 arinomi@asakuraya.com