トップありのみ通信メニュー<NO。48

ありのみ通信   No.48        2011/09
〒910-4276 福井県あわら市城3-33 朝倉梨栗園 朝倉 雪
   TEL:0776-79-1930 FAX:0776-79-1180 
   URL:
http://www.asakuraya.com/ e-mail:arinomi@asakuraya.com
この梨は豊水(ほうすい)といいます。
豊水は比較的日持ちする梨ですが、なるべく早く食べていただけるとうれしいです。
涼しい早朝に収穫して、その日の夕方には我が家を出発して、ほぼ翌日にお客様の所に到着します。
適熟で収穫しています。お手元に到着しましたら、すぐに涼しい所(冷蔵庫の野菜室)にお入れくださいませ。
冷蔵庫に入れるときには新聞紙につつみ、ポリ袋にいれますと、果実の水分が蒸発せずに美味しくいただけます。
よろしくお願いしますm(__)m。10日ぐらいで食べきっていただけるとうれしいです。

今年は収穫が例年より7日遅れてはじまりました。お届けが遅れまして大変申し訳ありません。


授粉するボンテンも50円玉大にカットし、2時間おきに交換しました。これも新しい試みです
ここ4年ほど、春先の天候が不順です。花が咲くようになると気温が下がり、雨が続く・・・そんな天気が続いています。
農業はお天気に左右されます。でも、お天気のせいばっかりにもしていられません。
去年の失敗は繰り返したくない、繰り返さない。そんな思いで今年の授粉をむかえました。
梨栽培にとって授粉は一番大事な作業です。

去年は授粉の時の気温が12・3度という低温での授粉でした。最低12・3度が必要と言われていた授粉ですが、やっぱりその気温では授粉は、難しいことが昨年わかりました。
今年も去年のような低温になるかもしれない・・・去年の失敗は絶対繰り返さないという思いでいろいろと情報を集めました。頭の中にそういう思いがあると、それに対する情報って入ってくるものですね。

今までは授粉の花粉には増量剤を入れるもの、増量剤の石松子はピンク色が当たり前・・・と思っていました。その事が原因で授粉が失敗したとは全く考えていませんでした。
今まで気温が低いから授粉が上手くいかないんだと思っていましたが、逆に低い気温の時にはどうやったら授粉がうまく行くかを考えるといろいろな手立てができるのだとわかりました。
1・気温の低い時は、増量剤を使わず、100%花粉だけで授粉を行う。(今年は増量剤を使用しませんでした)
2・最低でも15℃以上で授粉をする。(豊水の時は低温や雨の日も多くその合間を縫っての授粉となりました)
3.ボンテンは最低でも2時間おきに交換する。(ボンテンを大量に用意し常にフワフワの状態で授粉しました。)

増量剤を使わないということは花粉は黄色のままでピンク色の目印がつきません。今までは授粉をすると、白い花びらが増量剤のピンク色に染まり、授粉したか、してないか一目瞭然だったのです。
そのピンク色がなく、花粉しかつけないのですから、花びらには何の変化もありません。
じゃ何か目印をということで、洗濯バサミに目立つ紐を結んでそれを最初の枝にはさみ、それを目印にして1本の樹を一回りするという方法で授粉を始めました。
(この方法でなんとか出来る事がわかりました。手伝いに来た妹は『なんで毎年難易度がアップしていくんや?だんだん難しくなってくる・・(-_-;)』と言っていましたが・・・無視です。(^_^;))

増量剤を使わないという事は大量の花粉が必要になってきます。ですが、私の採った花粉では全然足りなくなりました。
いつも心配してくださり、お世話になっている埼玉県の梨農家さんがご自分が採った花粉を送ってくださいました。
今年もたくさんの人の助けがあり、授粉ができました。本当にありがたい事です。

豊水から授粉をするのですが、今までとかってが違ったのか、受粉が上手く行かなかったところもありました。来年の課題です。

とっても香ばしい匂いがします。
今年から肥料も土に優しい、有機100%の肥料だけを使用しています。今までもほとんどが有機だったのですが、すべてを有機100にするというのは、これまたなかなか難しく、肥料屋さんや県の農業改良普及センターの先生から学んでいます。
(昨年の基肥えから収穫までに入れた肥料はすべて魚主体の有機100%です。)
有機100%に替えたためか今年は小玉傾向です。来年は施肥時期も見直したいと思います。

いのちを育む食べ物を作っている私は、なによりも自分に正直に誠実にいたいと思っています。3月の大震災、そして原発の事故以来今までよりもその思いは強くなりました。
 今年は芯食い虫の発生が見られました。
 お気づきの点がありましたら、ご一報いただければ幸いです。ありがとうございました。   朝倉 雪   
梨の上に置いてあるクッション剤は小麦フスマで作られています。
遠赤外線を放射してあるので、鮮度保持が期待できます。燃やしても有害物質を出しません。
捨てずに、野菜などを包んで冷蔵庫に入れてもいいです。