トップありのみ通信メニュー<NO。36
ありのみ通信   No.36        2008/09
〒910-4276 福井県あわら市城3-33 朝倉梨栗園 朝倉 雪
   TEL:0776-79-1930 FAX:0776-79-1180 
   URL:
http://www.asakuraya.com/ e-mail:arinomi@asakuraya.com

この梨は豊水(こうすい)といいます。
豊水は幸水よりは日持ちがする品種ですが、適熟で収穫していまのでなるべく早くお召し上がりくださいませ
 涼しい早朝に収穫して、その日の夕方には我が家を出発して、翌日お客様の所に到着します。
お手元に到着しましたら、すぐに涼しい所(今の時期なら冷蔵庫の野菜室)にお入れくださいませ。
冷蔵庫に入れるときには新聞紙につつみ、ポリ袋にいれますと、果実の水分が蒸発せずに美味しくいただけます。よろしくお願いしますm(__)m。10日ぐらいで食べきっていただけるとうれしいです。

春先、梨畑では、芽から蕾が吹き出すと、
摘蕾(てきらい)という作業を始めます

指先で蕾の先をチョンチョンと押すとパラパラと取れます。

蕾だけを丁寧に落としていきます。
蕾を取る部分は枝の先端のところです。すべての枝の先端、2つ、あるいは3つの芽から出た蕾を取り除きます。
蕾がないとそこからは新梢が勢いよく伸びだします。
強い先端になるために蕾を落とす作業が春先の一番最初の仕事です。

40アールに植わっている梨の樹の先端という先端の蕾を落とし終えると、ちょうど花粉を採るための花が咲き始めます。


先端から枝が伸びだしているのがわかりますか?

すべての先端から1本か2本、すーっと伸びだした枝が1m20センチくらいまで成長すると、
その樹は元気がよくて美味しい梨がたくさん採れます。

元気な樹を育てる事が美味しい梨を育てる秘訣かもしれません。
今年の豊水の満開は去年とだいたい同じ頃の4月18・19日頃でした。
豊水の満開の頃に雨が二日も続いてしまい、豊水の受粉は大慌て。
夫や妹の協力を得て、なんとか豊水の授粉ができました。

今年で梨つくりをはじめて12年目、
なんでもそうなんでしょうが、勉強すればするほど梨作りは難しく、奥が深く・・・・
さらに精進をしなければと心に誓った今年の春でした。

梅雨はいつやってきていつ明けたのかわからないくらいの今年は空梅雨でした。かと思えば、ゲリラ豪雨で各地で被害がでています。果樹園が流されたり、田んぼが水没したり・・・
幸いにして、ここ福井ではゲリラ雨による被害はありませんが、農業をやっていれば、天災は、明日は我が身といつも思っていなければいけません。

 お気づきの点がありましたら、ご一報いただければ幸いです。
ありがとうございました。                 朝倉 雪                
梨の上に置いてあるクッション剤は小麦フスマで作られています。遠赤外線を練りこんであるそうなので、鮮度保持が期待できます。燃やしても有害物質を出しません。捨てずに、野菜などを包んで冷蔵庫に入れてもいいです。