トップありのみ通信メニュー<NO。32
ありのみ通信   No.32        2007/09
〒910-4276 福井県あわら市城3-33 朝倉梨栗園 朝倉 雪
   TEL:0776-79-1930 FAX:0776-79-1180 
   URL:
http://www.asakuraya.com/ e-mail:arinomi@asakuraya.com

この梨は豊水(ほうすい)といいます。
この梨は幸水よりも日持ちがします。
涼しい早朝に収穫して、その日の夕方には我が家を出発して、翌日お客様の所に到着するわけですが
お手元に到着しましたら、すぐに涼しい所(今の時期なら冷蔵庫の野菜室)にお入れくださいませ。
冷蔵庫に入れるときには新聞紙につつみ、ポリ袋にいれますと、果実の水分が蒸発せずに美味しくいただけます。よろしくお願いしますm(__)m。7日ぐらいで食べきっていただけるとうれしいです。

今年の豊水の開花初めは4月15日でした。
早生の幸水よりも遅く収穫する豊水のほうが先に咲きます。受粉は豊水からはじまります。

今年は気温が上がらず、花の咲いている期間が長い年でした。
それは、受粉できる期間が長いという事です。
大雨も降らず、一週間ひたすら受粉することができました。こんな年は初めて!
受粉は新興(しんこう)の花粉を使います。

一番晩生の梨の花が一番最初に開きます。その花を一つひとつ摘んで花粉を取り出します。
赤い葯を黄色の花粉に変化させる開葯機という部屋に約12時間入れれば、出来上がりです。
赤い粉は石松子(せきしょうし)といって、花粉の増量剤と赤い目印の役割をしてくれます。
梵天(ボンテン)という耳掻きについてるホワホワしている羽毛のようなもので、一つひとつこの花粉をつけていきます。
白い花びらがピンクにそまっていたら、その花は受粉が終わっているという目印です。

 8月の猛暑はどこへいったのか・・・・と思うくらい、一雨ごとに涼しくなっています。
この福井県地方は7月真夏日がたった一日という涼しい月でした。
梅雨明けも遅れ8月に入ってからとなりました。
梅雨明け後は、これまでの涼しさを取り戻すような暑い熱い日が毎日続き、愛梨の実たちにはありがたい8月となりました。
毎年違う気象条件の中でもこうやって育ってくれた事に感謝し、収穫をしています。
 お気づきの点がありましたら、ご一報いただければ幸いです。
ありがとうございました。                 朝倉 雪