トップページ>梨作業日誌>冬1月から2月2月
2006年開花状況
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●

今の作業はというと、剪定を終えて、誘引(ゆういん)という作業をしています。

梨は結果枝(果実を生らせる枝)を棚に間隔を置いて結わえていきます。

冬の福井は荒れた日が多いです。
海岸線のこの辺りは雪は少ないのですが、海からの強風が吹き荒れます。

カッパは必需品です。

この日も青空が見えたかと思ったらすぐに雨が降りだし・・・・(T_T)

前に剪定ハサミ、ノコギリ、枝割、ビニールテープを入れ、背中には誘引ひもが入ったバックを背負います。

手袋は3枚重ねで寒さを防ぎます。
3枚重ねると冷たくはないのですが、指の動きが悪くなって紐が結べない事もあります。(T_T)


枝がいっぱいになるとこうやって、シートを引っ張って枝を持ち出します。

えんやこらと掛け声をかけて引っ張ります。(ToT)/~~~


早めに持ってでれば軽いのですが、横着をしてまだまだ・・・と枝が山になると
重くて重くて、太ももが筋肉痛になります。

今日もやんだかと思うと降ってきて・・・・

今日で幸水の誘引が終わりました。
明日から豊水に入ります。

幸水と豊水は剪定の仕方も誘引も違うので、頭を切り替えないといけません。




〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180 e-mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2010Asakuraya. All rights reserved.