トップページ梨を育てる>箱詰め


箱詰め



配達から帰ってきて3時ごろから、箱詰めをします。

まずは箱作りから・・・・

ガムテープをきれいに張るコツはピンと張ってすばやく張る事です。

ある程度箱を作ったら、その中に再生紙で作った梨をやさしく
守ってくれるいろんなサイズの穴があいてるパックを入れます。

5キロ箱、10キロ箱、その中にはいろんなサイズの穴が・・・
パズルを埋めるように、その穴の中に愛梨の実を入れて行きます。

この梨はどのサイズ?
虫くいがないか?
痛みは無いか?ひとつ、ひとつ確認して箱に入れていきます。

この箱に入ります。

ぎっしり、詰まったらまず、香ばしい香りがする品質保持の為のクッション材を
入れます。
それから、ダンボールの板を入れます。
そして、冷蔵庫に入れる為のビニール袋、そしてありのみ通信、クッション材の
説明が書いた紙を入れて出来上がりです。

あっ!そうそう。ガムテープでふたをしてできあがりです。

こんな感じです。

夕方6時過ぎに黒猫ヤマトさんが愛の実たちを迎えに来るまでに今日収穫した愛梨の実を全部
箱に詰めます。
そして、お嫁入り先を書いた送り状をつけて出来上がりです。

トップに戻る