トップページ梨の観察日誌>主枝の先端
ようこそ 朝倉梨栗園へ
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
我が家の梨の樹は3本仕立てです。
3本の大きな骨格になる枝があり、1本の骨格から2本の亜主枝をだしてます。
一本の樹には9本の大きな先端があることになります。
その9つの中でも一番大事な主枝の先端を観察しました。


梨をつける事のない枝の先端は上にあがるように誘引します。
先端はぐーーーと伸びて欲しい。ぐーーーと伸びると養分をひっぱりあげてくれます。
幸水 豊水
5/25 5/25
5/13 5/13
かなり伸びてきました。
4/27 4/27
4/26 4/26
4/21 4/21
4/19 4/19
4/17 4/17
4/16 4/16
4/14 4/14
4/13 4/13
蕾を取ると
4/11 4/11
ぐーっと伸びた感じ
4/8 4/8
摘蕾しました。
4/6 4/6
蕾が顔を出してきた
4/4 4/4
この先端は花芽だから蕾が出てきたら摘蕾して先端を伸ばすようにします。 この先端は葉芽



〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180
mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2005 Asakuraya. All rights reserved.