トップページ梨の観察日誌>腋果芽
ようこそ 朝倉梨栗園へ
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
幸水の紹介

受粉の日にもよりますが、だいたい8月お盆頃から収穫が始まります。
甘くて水分も多く、まだまだ暑い8月をこの幸水を食べて乗り切ります。
幸水を大きな玉に育てるのはこれからの管理が大切です。
花が咲いてから、収穫までの期間が短いので、最初の管理が勝負です。手を抜けない幸水君。
病気にも弱いので、毎日の観察は欠かせません。
一番手がかかる子です。

芽がほころび、蕾が膨らみ、花が咲き、果実を実らせる。収穫した後は?
これから一年間その瞬間をお届けしたいと思います。
腋果芽 短果枝 主枝の先端(花芽)
3/31



〒910-4276   福井県あわら市城3-33  朝倉梨栗園   朝倉雪
tel 0776-79-1930 fax 0776-79-1180
mail arinomi@asakuraya.com
−Copyright(c) 2001−2005 Asakuraya. All rights reserved.